自走式分光濃度計 スペクトロドライブのこだわり

IGAS2018 テシコンブースは

東2ホール-41

ご来場お待ち致しております。

全く新しいスペクトロドライブ

 今回のスペクトロドライブは駆動部と測定部が一体で小さなプラスチックケースに収まるメンテナンス性の高さはそのままに、光源にはLEDを採用し、さらなる高精度化と電源廻りの刷新、測定ポジションの調整を容易にするレーザー光の採用など大きな変更がありました。

表示部を搭載

 これまでのスペクトロドライブでもスポット測定は行えましたが、測定結果はPCの画面表示のみでした。新しいスペクトロドライブでは測定器本体に有機ELの小型ディスプレイを採用しましたので、スポットでの測定時目線を変えること無くディスプレイで確認することができます。

 スポット測定は一度の測定でM0+M3、M1+M3、M2+M3の測定結果が表示可能です。

レーザー光での位置調整

 遂にスペクトロドライブにレーザー光が搭載されました。これまで測定器を移動してコントロールストリップの位置調整を行っていましたが、これからは左ホルダーのスイッチを押すと測定箇所をレーザー光が照らしてくれます。位置調整の時間も大幅に短縮されました。

電源廻りの改善

 非接触の充電器の採用で充電トラブルを解消しました。充電はスペクトロドライブがホームポジションにいる時、本体の底の部分で行われます。

 また、充電池もNi-MHからLiFePO4に変更され充電回数も約10倍になっています。

 

お問い合わせはこちら

TEL. 04-7181-8200 FAX. 04-7181-8201

メールはこちら

  • Wix Facebook page

Facebookでも情報を更新中です。